彼女はいつものシニカルな笑みを浮かべ

     【あらすじ】

 日常を持て余していた俺は、夕暮れの教室で妙な出会いをする。
 彼女の神秘的に照らされた横顔は、ただ一点、手元のみを見ていた。
 ……彼女は、凄まじいスピードでルービックキューブを回していた。










 「なぁ、面白いか?」

 「面白いわよ」

 もう何度目になるか分からない問いかけに、もう何度目になるか分からない返答。
 狭い部屋に響くのは、ただセンターキューブが回る音。

 「143秒……やっぱり、ここが壁なのね」

 音が止み、声が鳴る。ストップウォッチの液晶をノートに書き写し、溜息が一つ。彼女の最高記録は140秒だそうな。

 「飽きないよなぁ、ルービックキューブ」
 
 3×3×3の立方体。その6面の色を揃える玩具。プロが居る事も知ってはいるが、俺には今一つ理解の出来ない世界である。その上彼女が弄くり回しているのはそれの進化版――リベンジキューブという、4×4×4の物だ。

 「あんたこそよく飽きないわね」

 「何が」

 「何をするともなく、そこに座ってて」

 「……暇潰し、だよ」
 
 西日の差す教室。ここは手芸部の活動場所である。
 しかし今日は活動日ではないにも関わらず開放されている。目の前に居る彼女のためだ。

 「暇潰し、ねぇ。だったら図書室に行って本を読んだら? 余程為になると思うけど」

 「本は嫌いだ」
 
 俺は帰宅部。手芸部とは何の関わりも無い。が――ちょっとした縁があり、今ここに居る。彼女は、活動の無い日にこうしてひたすらリベンジキューブと格闘している。副部長なので鍵を持っているのだ。

 「嫌い、ねぇ」
 
 オウム返し。彼女は確認するかのように人の言葉を繰り返す癖があるようだ。二週間ほど前にそれを指摘したら「気のせいでしょ」と取り合って貰えなかったが。
 そんな言葉だけを残し、綺麗に揃った面を無造作に回転させ始めた。終わったばかりにも関わらず。
 カリ、ゴリ、と特徴的な音が鳴る。徐々にスピードは上がっていき、俺の目では追えない速度で指が動き出した。捉えられるのは面の色が変化した、という事象のみ。フィンガーショットカットと呼ばれる技を彼女は何気なく使う。

 「別にいいだろ」

 「そーね」

 「気のない返事……」
 
 キューブを手に取ると、彼女には六つの正方形しか目に入らない。タイムアタックを始めると尚更で、一言でも発したなら追い出される。
 だから俺は、それを黙って見ているだけ。
 日はそろそろ傾き始めた。チラリと時計を見ると四時半だ。あと一時間半で下校時刻。それまで彼女はキューブを回し続ける。
 揃っては崩され。崩れては揃えられ。輪廻転生を繰り返す。
 出口の無い迷路みたいだ。と、独りごちた。




 翌日。金曜日。
 手芸部では、彼女はクロスステッチをしているらしい。頼み込んだが作品は見せてくれなかった。

 「完成品じゃないから」

 そう言っていたが、明確な線引きを感じてしまい、以来それについては何も聞けていない。
 部員じゃない俺は流石に立ち入れないので、部室の代わりに図書室に行く。ドアを開けると冷房と紙の匂い。この匂いは割と嫌いではない。
 指定席という訳じゃないが、テスト前でもない限り図書室なんて司書さんと委員しか居ないものだ。一番端の自習机にカバンを置き、本を探しに行く。
 ……ルービックキューブを勉強しているのだ。
 俺は途中まで読んだ実践的な指南書を手に取り、机に戻った。カバンを開け、3×3×3のキューブを掴む。あまり褒められた事ではないが図書室で練習しているのだ。理由は二つ。
 一つ。家でやっていると妹に絡まれ集中出来ないから。
 一つ。彼女は俺に「本を読んだら」と言うが、彼女自身が本を読まない事を知っているから。
 手に取ったキューブは赤の面だけが完成していた。何せ買ったのはつい先日だ。本を読んでも実物をいじらないと意味が無いと気づいたのが一昨日だったからだ。そもそも、何で図書室にルービックキューブの本があるのかは分からないが。
 今日はここから先。
 ルービックキューブをヒント無しで完成させられればIQ130…という話だが、元より立体視が苦手な俺には大変困難なパズルだ。
 ゆっくり指南書に従って回転させる。このパズルはあくまでパターン式。パターンさえ覚えてしまえばどうにかなる。見覚えのある形にさえ持っていけば後は記憶の通り、という寸法である。
 静かな図書室に独特の音が響く。司書さんは耳の遠いお婆さんだからいいとして、委員は多分気づいている。面倒だからスルーしてくれているのだろう。
 こういうのは苦手だが馬鹿ではない。本に従えば六面を揃えることは出来た。

 「問題は、こっからだよな……」
 
 適当に回して色を混ぜる。混ざったところで本を閉じた。記憶を頼りに揃えてみる。

 「確か……こう?」
 
 真ん中のピースは回転しても移動はしない。だからそこを中心に色を合わせる。とりあえずは赤を揃えよう。
 一々確認しながらの作業なので酷く時間がかかる。やっと一面揃ったと思ったら二十分も経っていた。

 「アイツはリベンジで140秒だもんなぁ……」
 
 別に追い越そうとか、そんなことは考えてない。ただ、夢中になってキューブを回す彼女に好奇心が湧いただけだ。
 何にも夢中になれない俺には、それが羨ましかったし。
 だから、夕日に照らされた教室で、偶然彼女を見た時は――なんだろう。不思議と、気持ちが身体から離れて、勝手に動き出したような。水平線の向こう側が見えたような。自分の知らない世界への、扉を見つけたような――希望を持った。彼女の傍に居れば何かが見えるんじゃないかって。
 とは言え、鬱陶しがられてるけど。

 「……何やってるの?」
 
 思わず苦笑していると声をかけられた。聞き覚えはあるけど聞き慣れてはいない声。

 「うぇっ!?」
 
 本を抱えて隣に立っていたのは果たして。俺が回想していた彼女だった。

 「確かに図書室に行けば? とは言ったけど…そんなに律儀な人だったとはね。あんた」

 「……見直した?」

 「特には」

 「ですよねー」
 
 軽口を叩きながらさりげなく、隠すように後ろ手に。

 「ところで、何でお前はここに?」

 「ジャンケンで負けて。仮にも副部長なのにパシリよ」
 
 抱えてる本は確かに服飾関係の本ばかりだった。手芸部で借りていた本を一気に返しに来たのだろう。

 「だったらカウンターはあっちだぞ?」

 「あ、本当だ。じゃあ……」
 
 指さし教えてやると本の山を突き出された。

 「……なんだよ」

 「持ちなさいよ。重いんだから」
 
 とは言え右手にはキューブ、左手に指南書を持っている俺としては手の貸しようが無いわけで。

 「罰ゲームだろ?だったらお勤めは果たすべきだな」

 「……罰ゲーム、ねぇ」
 
 暗い声で呟いた。傲岸不遜な態度がデフォルトの彼女には珍しい行為で……なんだが落ち着かない。

 「罰ゲームじゃないなら、何で一人で本運んでるんだよ」

 「あんたには関係無いでしょ?」

 「…………そりゃ、そうだけど」
 
 何だか寂しい。彼女は自らの扉を固く閉ざしているような、孤立した小さな世界に閉じこもっているような、気がする。

 「それで、背中に何を隠してるの?」

 「隠す?」
 
 唐突な問いかけに思考の淵から引っ張り上げられた。流石に鋭い。いや、こんな不自然な格好してたら気づくのは当たり前だけど。
 自分の隠蔽スキルの下手さに絶望している俺を尻目に彼女は机に本を置き尋問モードだ。うーむ。まぁ隠すつもりは特には無かったんだが(あまりに下手だからもう少し上手くなってから見せよう、という乙女心のみ)……何て言われるかな。

 「心当たりが無いなら手を出せばいいじゃない」

 「心当たりがあるから手を出すよ」
 
 しょうがない。大人しく白状する事にした。ちょっとは格好つけたかったんだがなぁ。
 まずは指南書を。そしてルービックキューブを机の上に置いた。

 「…………」

 「いやぁ、何だかお前を見てたらやってみたくなって。意外と難しいんだな。お前はスイスイやっちゃうから侮ってたわ」

 沈黙が怖い。呆れられたかな。俺の予定ではこれをキッカケに教えて貰いながら…とか、そんな事を考えていたんだけど。

 「…………ばっかじゃないの」

 「え?」
 
 言うなり、彼女は出ていってしまった。
 聞こえたのは侮蔑の言葉。思わず追いかけ……

 「……でも、何て言うつもりだよ」
 
 誤解だ? 何を誤解した。
 そんなつもりじゃない? どんなつもりだった。
 言葉が見つからない。何が彼女を不快にさせたのか分からない。
 思考は拡散し収束しない。パズルが噛み合わず、ただぐるぐると回るだけ。

 カシャン。
 
 手からルービックキューブがこぼれ落ちた。その衝撃で、ピースが一つ、外れた。立方体が欠ける。慌てて拾うと黒いセンターキューブが見えた。

 「……」
 
 もう一つ外す。更に一つ。
 そうして剥き出しになったセンターキューブを眺める。

 「…………ダメ、だよな」
 
 確証は無いが気力はある。年月も密度も無いが、自信はある。
 伝えないといけない事がある。教えてやりたい事がある。
 夢中でキューブを回す彼女が、どうしてそれに固執するのかは分からない。いや、彼女の事はまだ何も知らない。
 だけど〝まだ〟だ。
 もっと彼女の事を知りたい。近づきたい理解したい。
 この感情がどこから生まれたのかは分からない。部室に足繁く通う理由も分からない。今こうして悩んでいるのも、何故だろうか。
 けれど嘘ではない。
 だから、俺は追いかけないといけない。
 彼女を、こんなに小さくて情けない世界に、居させる訳にはいかないから。

 「とは言え……こいつを片づけないとな」
 
 置きっぱなしにされた本を見てうんざりした。が、俺の口元は緩んでいた。




 さて。結論から言うとその日は彼女を見つけられなかった。小説なんかだとあっさり追いつけたり、二人の思い出の場所(そんな所はない。しいて言うなら部室だがあそこも間借りに過ぎない)に行くと膝を抱えてたり、旧校舎(これも無い)に居たりするのだが。現実は厳しいようで。
 それでも恥を捨てて手芸部に聞きに行ったが「なんか、具合悪くなったとか」という(だったら誰か送ってやるだろ、普通)、苛立ちを飲み込まなければならないような友達甲斐の無い言葉を貰い、憤りをそのままに校内を捜索。見つからないので敷地内も全部見て回り、全て見た所で、外に居るんじゃないか、という発想がようやく生まれた。
 とはいえ今更探しても見つかるはずもなく。それでも気持ちは収まらないので、収まるまで探した。つまり日の落ちる七時まで。三時間程を彼女の捜索に費やしていた訳だが問題ない。だったら勝負は明日だ。
 作戦は単純明快。朝早く行って校門で待ち伏せ。
 周りの視線は痛いだろうが思いこんだら一直線だ。兎にも角にもやるしかない。
 飯→風呂→寝る。のオッサンコンボを決めて明日に備えた。
 …………珍しくリンスをしたのは、何となくだよ。




 「……………………っ!?」
 
 睡魔に殺される所だった。初夏とは言え朝はやや肌寒い。今日は太陽も隠れてるから尚更だ。そんな中、正門の見える位置にあるベンチに腰掛け船を漕いでいる酔狂物は、もう三十分以上醜態を全校生徒に晒し続けている。
 まだ登校してきた生徒は3、40人と言った所だが…………その中に、彼女は居ない。目を閉じてしまっている内に来ていたのでは、とも考えたが腕時計を見ると五秒も経っていなかった。集中し過ぎて時間が遅い。もどかしさが俺の足を動かす。やがてその足も激しい縦揺れから緩やかな横揺れに変化して……また、思い出したように暴れ出す。
 それから更に二十分が経った。人の姿も増え、一人ベンチに座っている俺に訝しげな視線が突き刺さるようになった。今気づいたが知り合いに会ったら何て言うつもりだ? ……いや、構わない。そんな事を気にするなら、彼女に何を伝えるのか。反復演習しておこう。
 加えて十分。俺の頭は整理された。準備が出来ても主賓が来ない。お世辞にも楽しいとは言えないイベントだが避けては通れないのだ。だから俺はただジッと待つ。頑として待つ。生半可な歓待では、きっと届かないから。
 始業のチャイムまで、五分。ほとんどの生徒は登校している時間だが、彼女の姿は見当たらない。朝から賑やかな校内の中央、ただ一つ世界に欠落した影を、みっともなく、探す。
 チャイムが鳴った。

 「…………時間切れ、か」
 
 待ち人来たらず。俺の手は掠りもしなかった。たった一つのピースを拾い上げる事すら出来ない、小さな手。
 どうして、ただ、見ていたのだろう。
 言いたい事が有ったはずなのに。
 聞きたい事が有ったはずなのに。
 知りたい事が有ったはずなのに。
 ――――近づき、たかったのに。
 どうして今になってこんなに遠いのだろう。
 虚しさを叩きつける物も無く。吐き出す場所も無く。
 空しさを埋めてくれる物も無く。人も無く。
 俺自身も、世界から抜け落ちていくような感覚がした。
 急速に世界の色が失せていく。音も無く、風も吹かない、静寂の帳を打ち破る力は、何処にも無い。
 堪らなく、切なかった。今更気づいたのだ。彼女に近づこうと思わずにいたのは、まさに抜け出せない迷路に迷い込んでいたからだった。

 「くそっ!」
 
 吐き出しようのない思いをセンターキューブにぶつける。もう用の無い代物だ。固い地面に叩きつけられたそれは破片を飛ばしながら醜く砕け散った。パキッ、という。軽い音を立てて。

 「……何、やってるの?」
 
 声が聞こえた。聞き覚えはあるけど聞き慣れてはいない声。これから聞き慣れていけたら、きっと幸せに思えるだろう声。

 「うわっ、センターキューブ割ったの? 上手くいかないからって物に当たるのはどうかと思うけど」
 
 顔を上げればそこに在るのは、いつもはシニカルな笑みを浮かべている顔を、しかめっ面にした――彼女。この顔を拝めただけでも満足してしまいそうになる。でも俺はこれからもっと色んな表情を見ていきたい。

 「ちょっと、何とか答えなさいよ」

 「……ああ」
 
 言いたい事は沢山ある。だけどゆっくり言えばいい。
 聞きたい事は山のように。だけどゆっくり聞いていたい。
 知りたい事は切りがない。だけどゆっくり知っていこう。
 ずっと一緒に居たいなんて贅沢は言わない。卒業するまで。学年が上がるまで。季節が変わるまで。ほんの短い時間で構わない。一瞬を大切に生きていたい。後悔は、したくないから。

 「お前を待ってたんだ」

 「……え?」
 
 ああ、頭の中がグチャグチャだ。あんなに考えていた台詞が一つも出てこない。

 「伝えたい事がある。聞いて、貰えるか?」

 「……うん」
 
 だけど、言葉は止まらない。大切な気持ちが次から次から湧いてくる。

 「俺は、何となくであの場所に居たんじゃない」
 
 砕けたセンターキューブを見る。小さな迷路は失われた。広すぎて迷子になりそうな世界を、これからは歩いていこう。

 「……お前の事が、知りたいから。あの場所に居たんだ」
 
 俺の顔はきっと真っ赤になっているだろう。でも本心だから。恥ずかしくなんて、ない。

 「だから教えてくれ。ゆっくりでいい。……知りたいんだ」
 
 伝えたい事は全て言葉にした。彼女に届くかは分からない、だけど信じてる。祈るように紡いだのは、新しい世界を作るキッカケの言葉。

 「…………それだけ?」

 「ああ、それだけだ」

 彼女はいつの間にかいつものシニカルな笑みを浮かべていた。

 「たった、それだけのために、ここで待っていたの?」

 「……まあな」
 
 恐れない。自信は無いけれど、短い間だけど、彼女と過ごした時間は間違いなく本物だから。

 「……そんな事、放課後でいいのに」

 「……え?」
 
 間抜けな声が出た。放課後に――会えるのか? また、いつもの場所で?

 「ほら、遅刻するわよ」
 
 言うなり彼女は行ってしまった。誰も居ない正門前には、俺と、砕けたセンターキューブだけ。
 思わず苦笑してしまう。チャイムが鳴ってから来た奴に言われたくはない。

 「おい、待てよ」
 
 笑みをそのまま、彼女の背中を追いかける。少し走ればすぐに追いついた。彼女の歩みはとてもゆっくりとした物で……隣を歩く事を、許してくれているようで。
 だから俺は、歩幅を合わせて歩く。彼女の隣を、しかし違った目線で。
 きっとこれから。だけど、いつかは終わってしまう関係。
 それでも構わないんだ。何気ない日常の、その瞬間瞬間を見逃さないように。無駄にしないように。時間を捉えて、流れに乗って。
 そうやって。ごく自然な毎日を、毎日繰り返して生きていこう。



 
 そんな変わらない毎日だけど。少しだけ、変わった事がある。
 一つ。クロスステッチを見せて貰えた。未完成だったが、ピンクと黄の混ざった大きな花が咲いている物だった。
 そして、もう一つ。彼女はタイムアタックを止めた。限界を感じたと言っていた。だけどルービックキューブは止めていない。ただ楽しむように回転させている。そうして回転させながら、俺と他愛の無い会話をして、過ごしている。
 いつかは終わってしまう毎日。だけど俺は恐れない。
 今ある幸せを、ただ、噛みしめて、過ごす。



                                                           Fin
[PR]
by Iris-of-Amber | 2011-01-31 15:37 | 小説(オリジナル)


SFと青春小説しか書かない(書けない)遠山悠夏の小説公開&広報&備忘録。


by Iris-of-Amber

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
雑記
小説(オリジナル)
小説(二次創作)
感想等(ネタバレ注意)
告知
サンプル
未分類

最新の記事

蔵書整理その2
at 2014-10-06 20:25
引っ越しに伴う蔵書整理
at 2014-10-02 20:23
マレフィセント観てきた
at 2014-07-09 18:41
赤×ピンク観てきた
at 2014-02-26 23:13
鈴木先生観てきた
at 2013-01-15 18:29

以前の記事

2014年 10月
2014年 07月
2014年 02月
2013年 01月
2012年 05月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2001年 06月

ブログパーツ

最新のトラックバック

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧