劇場版「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」を観てきました

映画の日だし後輩を連れて「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」を観てきました。@角川シネマ

e0223435_20252656.jpg



原作レイプを楽しみに行ったのに存外面白くてがっかり&びっくり。


以下、ほんのりネタバレ。原作を読んでいる人は気にならないレベル。





当然ながら、映像化にあたっての変更点が多々ありました。

たとえば、原作では「片田舎」とされている舞台が「地方都市レベルの都会」になっていたり。
まーちゃんが子供たちを監禁している場所が和室じゃなくて洋室だったり。
みーくんが坊主だったり。

多分、小説よりも漫画版を原作にしているんじゃないでしょうか。みーくん登場の演出なんかは正に漫画版でした。
むしろ漫画版の原作が映画版なのかも。



褒めるのはとても難しい。何がよかったのか、と聞かれれば、
役者達の練度の高さ。特にみーくんの、無表情ながらおどけた口調で喋る姿には驚かされた。
そして、作品全体に流れる「狂った雰囲気」。そう、答える。
文章だと気にならなかったグロさは、ほんの少しだけ増してたけれど。それも、原作小説後半の方がよほどグロい。

しかしこれらは適切であっても的確ではない。だが良かった点を一つずつ数えても意味はない。




ただ言えるのは、原作が好きなら、観て得をするということだけ。太鼓判を押すことだけ。


ああ、あともう一つだけあった。がっかり映画を期待して行くとがっかりするということ。
[PR]
by Iris-of-Amber | 2011-02-01 20:46 | 感想等(ネタバレ注意)


SFと青春小説しか書かない(書けない)遠山悠夏の小説公開&広報&備忘録。


by Iris-of-Amber

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
雑記
小説(オリジナル)
小説(二次創作)
感想等(ネタバレ注意)
告知
サンプル
未分類

最新の記事

蔵書整理その2
at 2014-10-06 20:25
引っ越しに伴う蔵書整理
at 2014-10-02 20:23
マレフィセント観てきた
at 2014-07-09 18:41
赤×ピンク観てきた
at 2014-02-26 23:13
鈴木先生観てきた
at 2013-01-15 18:29

以前の記事

2014年 10月
2014年 07月
2014年 02月
2013年 01月
2012年 05月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2001年 06月

ブログパーツ

最新のトラックバック

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧