「神聖にして侵すべからず」体験版感想

考えてみればPULLTOPさんの二次創作しかしていない気がする。
と、言うわけなので。私の本業は評論・批評ではなく創作なのですが、文筆者として感想文コンクールに便乗してみることにしました。
ポエム全開ですが良いこと言ってると思います。






これは、脆く儚く、誰もが夢見、誰もが諦めたはずの、御伽話。



猫庭に移ったファルケンスレーベン王国は、あくまで大地主というだけで、国際的に認められた王国ではなかった。それでも猫庭の人々は、王国を認め、王を敬い崇めた。
王国が没落してからも、かつての国土であった線路のこちら側に済む人々は、晴華を王として認めている。
瑠波の、隼人の住む猫庭は、そんな優しさ――欺瞞――で満ち溢れた世界だ。
その欺瞞を許さない人々がいつかきっと現れる。それは国友かも知れないし、実蒔かもしれない。或いはもっと大きな、或いはもっと小さな誰かが。小さな穴を空けた時に、王国は即座に瓦解する。
瑠波はいつでも女王を辞められるし、隼人が騎士を辞めるだけで、王国の存亡は決されてしまう。
瑠波も隼人も、それを理解している素振りを見せる。

〝そういうことになっておる〟〝出来うる限り、有るように振る舞う様にはしておる〟

猫庭の地に根付く地域信仰、猫の揺り駕籠。いずれ神事が絶えるように、消えていく運命が約束されている。
いずれ消えていく物の美しさ。読者である私たちは、それを感じずにはいられない。
どこにもない。なにもない。だからこそ、優しく在れる。
王国が王国である限り、高貴なる者の義務がある。だが王国には何もない。だから、出来ることと言えば、寛容であること。拒まないこと。それくらいしか、ない。
それをただ愚直に。ひたむきに守る瑠波は、例え国土が小さくとも、国力が乏しくとも、紛うことなき女王である。
王を王たらしめるのは、財でも、血筋でも、権力でもない。王を慕う国民である。
瑠波を慕う猫庭の民は、未だ尽きることを知らない。王国の事情を知る操も、むしろ王国を維持するために協力してくれている。二人の子供が、寂しさを紛らわせるために始めた「ごっこ遊び」。それが今も続いているのは、偏に猫庭の優しさにあるだろう。

優しい嘘を吐き続ける猫庭には、いつか報いを受ける日が来るはずだ。それが優しさであれ、欺瞞であれ。真実以上に、嘘は脆く、儚い。
嘘が嘘となったとき、彼らは一体、どうするのだろうか。
日常となった嘘から、非日常の真実へと戻った時に。彼らは――優しく、在れるのだろうか。


だからせめて。私は一読者として祈る。世界に優しく在ったちっぽけな彼らを、世界がまた優しく包み込んでくれることを。
私は一読者として願う。どのような形であれ、王国に幸福が訪れることを。
私は一読者として請う。全ての望まれし人々が、望まれし結末を迎えることを。
そして――私は一読者として信じる。猫庭に住まう人々が、傍観者である私を気にせず、のびのびと生きてくれることを。彼らが彼らを貫き、彼らのまま、彼らの幸せを掴み取ることを。



天に栄光、地に平安。
そうありますように。
[PR]
by Iris-of-Amber | 2011-08-31 16:00 | 感想等(ネタバレ注意)


SFと青春小説しか書かない(書けない)遠山悠夏の小説公開&広報&備忘録。


by Iris-of-Amber

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
雑記
小説(オリジナル)
小説(二次創作)
感想等(ネタバレ注意)
告知
サンプル
未分類

最新の記事

蔵書整理その2
at 2014-10-06 20:25
引っ越しに伴う蔵書整理
at 2014-10-02 20:23
マレフィセント観てきた
at 2014-07-09 18:41
赤×ピンク観てきた
at 2014-02-26 23:13
鈴木先生観てきた
at 2013-01-15 18:29

以前の記事

2014年 10月
2014年 07月
2014年 02月
2013年 01月
2012年 05月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2001年 06月

ブログパーツ

最新のトラックバック

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧